CONTACT’s Engineering Room
双眼望遠鏡製作・販売のCONTACT<<コンタクト>>
Click for 東京, 日本 Forecast

コンタクトが手がける双眼望遠鏡や星見機材の開発状況、展示イベント、観望会情報などを発信するブログです。ホームページは下のリンクから。

双眼望遠鏡製作・販売のCONTACT<<コンタクト>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第4回双望会
毎年スタッフとして参加している双望会(そうぼうえ)も今年で4回目となりました。サミット時代から数えると14回目になります。私としては連続参加9回目の御園で、この祭りのために一年間生きているような、楽しみでしょうがないイベントです。

20111215_1.jpg 20111215_2.jpg 20111215_3.jpg

上はメインイベントの機材紹介とフリマの様子です。去年から会場スペースを広げていただいたのにもう目一杯です。右のグラサンの方はテキヤではなく国際光器の松本さんです。

20111215_4.jpg 20111215_5.jpg 20111215_6.jpg

左はK NebulaさんのObsession 18" UC 銀ミラーです。ウルトラコンパクトは前から興味があり、今回初めて見ました。なんと主鏡が銀ミラーです。真ん中は蒼い星さんのBlue(ブルー)です。デザイン・カラーとも私の大好きな双眼です。右は池田さんの銀双ドブソニアン。前に紹介したリレーレンズと2in双眼装置を装備したドブです。

20111215_7.jpg 20111215_P1.jpg

いつもは25cm屈折双眼の岡本さんですが、今年は単眼で20cmF12の長い筒と星見こたつ!。これ寒い野外では最高です。

スタッフをしていると2泊3日なんてアッという間です。あれ見ようこれ聞きたいのいくらも出来ずに帰る時間になってしまいます。裏方は色々大変なことも多いのですが、参加者の皆さんからありがとうと言われるとつい苦労を忘れてしまい、また頑張るかという気になります。褒められて伸びる性格なので(笑)。




スポンサーサイト
停電情報について
東京電力公式サイトへのアクセスが安定してきましたので、諸情報のご案内を終了します。以下の公式サイトをご参照願います。

東京電力
経済産業省
各市町村のホームページにも案内があります。下記から検索出来ます。
財団法人 地方自治情報センター 全国自治体マップ検索

実勢は非常に流動的に動いています。テレビ・ラジオ等の情報と合わせて判断し、落ち着いた行動をお願いいたします。




電話対応について
各位様

計画停電に伴い、電話が通じない時間が発生します。もしも通じない場合、ご連絡・お問い合わせは問い合わせフォームよりお願いいたします。

コンタクト 山崎




地震について
昨日発生しました地震につき、多方面の方にご心配をおかけいたしました。こちらは幸いなことに怪我や事故などはなく、無事でおります。

昨日は午後から機械設計の打合せでお客様の工場内にいる時に地震が来ました。相当な揺れが何分も続き、仮置きしてある数台のロボットが倒れそうになりました。皆で外に出て揺れがおさまるのを待ちましたが、駐車場の車が徐々にずれ出す程長く大きな揺れでした。

そのあと、15cm双眼の製作進捗と製作依頼品の赤道儀アダプターの引取で別の会社へ車で移動しました。途中で自宅に寄ると、心配した重い本棚とPCは無事でしたが、物は結構飛んでいました。あの揺れでハードディスクがやられなかったか不安でした。

程なくまた車で移動。余震の揺れもかなり激しく、電信柱が大きく振れてかなり危険な状態でした。隣の市に入ってからは信号機が消えたため、交差点は結構怖かったです。到着後、打ち合わせ中も数分おきくらいに揺れて、その度に外に出ていました。こんな状態では工作機械を回せず、停電も回復しないので、現場は仕事になりません。

アダプターを受け取り、自宅へ向かうと、幸いなことに途中から停電が回復し、渋滞気味ながら無事帰着しました。ただ、余震は延々と続き、懐中電灯の用意と寝床の移動をしました。翌日(今日)は15cm双眼の件でBYPに出張予定でしたが、出発時に再度判断すると連絡。アダプターの発送準備をしましたが、当地からの発送が当面できないとのことで、お客様にメールを送りました。(その後出張は延期。)

津波の映像が流れ、やっと電話がつながった父親に聞くと無事との事。仙台と近郊にそれぞれ住んでいる長年の友人達とは全く連絡が取れません。場所と職業(一人は警察官)から不安でなりません。

私的なことを長々と申し訳ありません。被災された方々の一刻も早い救助を願ってやみません。




アクセサリートレイ
紹介が大変遅くなってしまいましたが、三脚に装着するアクセサリートレイを発売しました。一見、他の製品を流用したように見えますが(笑)、サイズの関係で新規に型から開発したオリジナル品です。

20100524_1 20100524_2 20100524_3

GFRP製で一品ずつ丁寧に製作しているため少々値が張りますが、その代わり可能な限り大型にしましたので、使い勝手はなかなか良い感じです。各種コントローラも暗闇でフックに引っ掛ける面倒がなく、ポンと置くだけなので便利です。取り付けは、赤道儀三脚用は付属のノブで下から固定します(右上の図)。ポルタ経緯台用は経緯台に付属のノブで取り付けます。大切なアイピース等に傷が付かないよう、ゴムシートも用意しています(別売)。

ポルタには小型のトレイが付属していますが、赤道儀三脚にはいつの間にか付属しなくなり、オプションにもなくなっていました。自分自身でも何となく不便でしたし開発も容易ですので作ってみました。是非一度お試し下さい。




copyright © 2010 CONTACT all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。