CONTACT’s Engineering Room
双眼望遠鏡製作・販売のCONTACT<<コンタクト>>
Click for 東京, 日本 Forecast

コンタクトが手がける双眼望遠鏡や星見機材の開発状況、展示イベント、観望会情報などを発信するブログです。ホームページは下のリンクから。

双眼望遠鏡製作・販売のCONTACT<<コンタクト>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
傘歯歯車
yukihiko_aさん、しばらくです。お気遣い大変ありがとうございます。おそらく画像のような機構だと思いますが、光路長と目幅の点で上手くいきませんでした。

kasaba.jpg

傘歯とフォーカサーの間にヘリコイドを入れるのですが、M42ヘリコイド等でも外径が60mmあって外周に傘歯を付けられません。また、ヘリコイドの回転リングが前後するので歯車が噛み合わなくなります。対策としてスプラインで動きを吸収したいのですがやはり外径が大きくなります。直列に入れられたとしても光路長が不足します。
また、歯車の最大径も問題で、画像では半周分削っています。歯の外周だけ削ると歯が変形して修正が困難ですし、特注すると合計何万円もします。M42ヘリコイドは半周で10mm動き、理想的なので惜しいです。左右接眼部の同調機構まで考えたんですが・・・。
フォーカサのノブも鏡筒に干渉寸前で操作しにくそうです。
他の方法としては、ワイヤ、直交ラック&ピニオン、ギアトレイン等を検討してみましたが、どれも今ひとつでした。

上記の結果、現在は市販の接眼部とカムを用いて検討中で、これで何とかなりそうなところまで来ました。まとまった時間を作れず断続的な作業になっていますが、もう少しで難関突破出来るかな、というところです。




スポンサーサイト
copyright © 2010 CONTACT all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。