CONTACT’s Engineering Room
双眼望遠鏡製作・販売のCONTACT<<コンタクト>>
Click for 東京, 日本 Forecast

コンタクトが手がける双眼望遠鏡や星見機材の開発状況、展示イベント、観望会情報などを発信するブログです。ホームページは下のリンクから。

双眼望遠鏡製作・販売のCONTACT<<コンタクト>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SE250双眼望遠鏡の引渡し
3週程前に完成していたSE250双眼、I様のご希望で本日当地にて引渡しとなりました。遠い所わざわざお越しいただきまして大変ありがとうございました。天気は良かったのですが上州名物空っ風がすごく、とても驚かれました。私にとってはそよ風ですが、洗濯物を飛ばされるのには閉口しています(笑)。

今回の改造はとにかく安くということで試作・展示品を使っています。なので独特の注意点がありましたが、眼幅連動調整やピント補償がない分、むしろ理解しやすい機材になったとご評価いただきました。パーソナルユースが主であれば眼幅は一度合わせるだけであり、I様の使用環境ではそれで十分とのことです。

前にも雑誌の小記事で書いたのですが、やはり接眼部を標準化しておいたほうが良いですね。松本式EMSのように用意しておけば改造もぐっと楽になるでしょう。毎回設計していたのでは時間ばかりかかってどうしようもありません。

また、光路引き出しのため筒を切断・短縮するのが一般的でしたが、主鏡セルに下駄を履かせる手法をやってみました。結果は改造が素早く出来て楽であり、もし短縮量が不適切であってもパーツ交換で済み、筒の切り過ぎの不安からも開放されます。また、もしも機材を手放す場合、元のニュートン鏡筒に戻せるので転売もしやすくなるでしょう。短縮ニュートンのままでは用途が限られるのでもらってくれる人は減るかも知れません。勿論、鏡筒短縮のほうが軽く短くなりますが、改造の選択肢が増えるのは良いことと思います。

さて、デモ機がなくなりました。次は15cm双眼ドブ?、Duality-300 MARK Ⅱ?、25cm双眼?、それとも思い切って40cm双眼?。先立つものがありませんが妄想はタダです。何だかワクワクしています。





スポンサーサイト
copyright © 2010 CONTACT all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。