CONTACT’s Engineering Room
双眼望遠鏡製作・販売のCONTACT<<コンタクト>>
Click for 東京, 日本 Forecast

コンタクトが手がける双眼望遠鏡や星見機材の開発状況、展示イベント、観望会情報などを発信するブログです。ホームページは下のリンクから。

双眼望遠鏡製作・販売のCONTACT<<コンタクト>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高度軸
高度軸は30cm半双のテーパーローラベアリングからドブタイプのフリクション架台にすることにしました。ベアリングはさほど高い部品でもないのですが、経緯台部分とL型ブラケットが一体となって重くなるので、分解出来て載せるだけで済むドブ架台式がシンプル・軽量になると考えました。

で、ドブ架台の基本である直径の大きな高度軸をどうするか、左右のブラケットをどうつなぐか、でしばらく悩んでいました。大直径のパイプで高度軸を作りL型ブラケットを両端に貼り付ければシンプルになります。しかし、そんなパイプがなかなか見つからなかったのですが、何とか入手可能なことが判り材料見積を頼んでいます。ただ、当然肉厚がかなりあるのでデザイン性を兼ねて中央部は旋盤で少し薄くしようかと考えています。図がないと何が何だか判りにくくて申し訳ありません。

話題はそれますが、週末は伊豆のほうへ観望地調査に出かけてきます。本件も本業業務も遅れ気味で後ろめたいのですが、初めての土地へ格安で行けるので無理して行って来ます。




関連記事
コメント
この記事へのコメント
伊豆はいかがでした?良い観測場所があったらこっそり教えてください。なにしろこちらは寒いです。
でも、ルリーン彗星だけは早起きして見てます。
2009/01/28 (水) 12:23:30 | URL | アダンの実 #79D/WHSg[ 編集]
最初は石廊崎へ行ったのですが海風が強烈だったので別の場所に移動しました。うろ覚えなので判ったらメールでお知らせします。
陸風でしたが一晩中強めの風でした。気温は-0.4度が最低で、山中の観望よりは多少楽でした。期待の南天は水平線近くの雲が抜けきらなかったものの、オメガ星団、ケンタウルス座αが良く見えました。あれだけ低くてもはっきりと見え、普段いかに光害が悪さをしているか実感しました。
下が締まった砂地で風が強いので機材には少々酷かもと思ったのですが、帰って片付ける時に見た限りでは特に問題ありませんでした。
2009/01/29 (木) 19:50:57 | URL | YAMA #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2010 CONTACT all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。