CONTACT’s Engineering Room
双眼望遠鏡製作・販売のCONTACT<<コンタクト>>
Click for 東京, 日本 Forecast

コンタクトが手がける双眼望遠鏡や星見機材の開発状況、展示イベント、観望会情報などを発信するブログです。ホームページは下のリンクから。

双眼望遠鏡製作・販売のCONTACT<<コンタクト>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
15cm双眼望遠鏡の基本仕様
この双眼望遠鏡の概要を書き出してみます。3D光路図を再掲載します。

20091228.jpg

・1本の筒に2組の主斜鏡を組み込み、単筒ドブソニアンと同じ機動性を持つ。
・筒の外に第2/第3斜鏡を使って計4回反射で倒立像とし、裏像を回避する。
・第2/第3斜鏡は反射率99%ミラーを使用するので、光量低下は約2%で済む。
・F8主鏡により小さなスポット径が得られ、色収差は当然ないので、アポ屈折に対抗できる。
・ニュートン式なので同口径の屈折双眼や大型双眼鏡より安価にできる見込みがある。

一方、従来にない形式なので特有の課題も想定されます。

・主鏡セルの脱着時に斜鏡とのアライメントをどう確保するか。(セルの位置決め)
・接眼部周りは部品が増えそうなので良く考えて減らさないとコストアップになる。

これは特注で始まったプロジェクトですが、素性の良さそうな構成なので出来れば市販化を考えています。




関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2010 CONTACT all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。