CONTACT’s Engineering Room
双眼望遠鏡製作・販売のCONTACT<<コンタクト>>
Click for 東京, 日本 Forecast

コンタクトが手がける双眼望遠鏡や星見機材の開発状況、展示イベント、観望会情報などを発信するブログです。ホームページは下のリンクから。

双眼望遠鏡製作・販売のCONTACT<<コンタクト>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年第18回サマーホリデーin原村星まつり
今年も原村星まつりに参加してきました。急な仕事が入ったため出発が大幅に遅れ、会場に到着したのがPM8:30過ぎになってしまいました。既にうちのテントでは営業部長がAKBショップを開設しており(聞いてないよ~)、危うく行き過ぎるところでした(笑)。画像は2日目昼の撮影です。

20110809_1.jpg

今年3回目の出店で特に内容には変わりないものの、初めてDuality-300を目にする方も多く、観望を楽しみにされていましたが、あいにく天候が良くなく、星が見えた時間はごくわずかでした。

会場で見かけた機材をいくつか紹介いたします。

20110809_2.jpg 20110809_3.jpg

左はわたなべさんのオール自作25cmと40cmのカセグレンです。石川町SLFでもおなじみですが、何度見てもメーカー顔負けの力作です。左はジーク西田さんの25cmフォーク式反射赤道儀です。昨年より大幅に軽量化されていました。

20110809_4.jpg 20110809_5.jpg

上の2枚はKATSUさんの20cm反射です。主鏡セルがお菓子の缶になっており、確実に主鏡のフタが出来ます。これは素晴らしいアイディアだと感動しました。主鏡は保管時に埃をかぶりやすく、また、ぴったりのフタはなかなかないので、いいところに着目されたと思います。

20110809_6.jpg

最後に、双眼のベテランの方々はご存知と思いますが、赤道儀に搭載した松本式EMS屈折双眼です。知人で一人オーナーがいますが、それ以外では初めて見ました。

他にも沢山機材があったのですが、挨拶やら歓談に気を取られ、あまり撮影していませんでした。掲載できなかった方、申し訳ありません。

さて、次は胎内星まつりです。今度は晴れることを期待しています。




関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2010 CONTACT all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。