CONTACT’s Engineering Room
双眼望遠鏡製作・販売のCONTACT<<コンタクト>>
Click for 東京, 日本 Forecast

コンタクトが手がける双眼望遠鏡や星見機材の開発状況、展示イベント、観望会情報などを発信するブログです。ホームページは下のリンクから。

双眼望遠鏡製作・販売のCONTACT<<コンタクト>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント
この記事へのコメント
いよいよ鏡筒が固まりましたね。次は三脚ですね。楽しみです。とりあえずアイピース、、、、、のケースは買いました。、、、、バーゲン特価で。
2009/02/12 (木) 23:07:23 | URL | アダンの実 #79D/WHSg[ 編集]
ご面倒をおかけしました。鏡筒といえば例の極秘計画(笑)、さらなるサプライズが可能かも知れません。優先度では架台の設計が先ですが、そちらが気になってしょうがありません(笑)。キーワードは「光路長」ですね!。
2009/02/13 (金) 00:01:15 | URL | YAMA #79D/WHSg[ 編集]
utoさんにも秘密にしていたのに~。バラして良いのでしょうか?更なるって一体!?ワクワクしています。果報は寝て待ちます。
2009/02/13 (金) 09:45:36 | URL | アダンの実 #79D/WHSg[ 編集]
斜鏡ヒーター装備っていいですね。
我々の聖地である御園では必需品とも言えますからね。
サプライズって何だろう?
早く知りたいけど聞いたらサプライズじゃないですよね!!
2009/02/13 (金) 14:26:29 | URL | uto #79D/WHSg[ 編集]
設計上なかなか厳しいので、確信が得られるまでもうしばらく伏せさせて下さいませ。
ヒーターはきっと重宝します。今まで晴れているのに観望が出来なくなって残念な思いを何回もしています。バッテリーをウエイトにしてしまうのも良いかも知れませんね。
話題は変わりますが、鏡筒が乗るL型ブラケットの片方はなくすことが出来るのですが、鏡筒スライドさせるほうはL型が都合が良く、非対称でコンパクトにもならずに悩んでいます。30cm共用設計も頭の痛いところです。(20cm用は専用に小型のものにするのが良さそう。)
2009/02/15 (日) 00:18:32 | URL | YAMA #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2010 CONTACT all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。