CONTACT’s Engineering Room
双眼望遠鏡製作・販売のCONTACT<<コンタクト>>
Click for 東京, 日本 Forecast

コンタクトが手がける双眼望遠鏡や星見機材の開発状況、展示イベント、観望会情報などを発信するブログです。ホームページは下のリンクから。

双眼望遠鏡製作・販売のCONTACT<<コンタクト>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FL102S/マイクロフォーカス接眼部アダプタ
10月に引き続きご注文をいただきました。年の瀬で加工メーカーが混んでおり、年明け発送の見込みでしたが、何とか年内に納品できました。

20121229_1.jpg 20121229_2.jpg

ビクセンの102mm屈折鏡筒(FL102S、102M等)と笠井トレーディング製屈折用2インチマイクロフォーカス接眼部(リング無し)を接続します。接続の様子等はこちらからご覧下さい。

取付は元のM4ボルトで固定します。これまで1例だけ僅かな穴ずれが報告されていますが、機械で正確に加工していますので鏡筒側の個体差と思われます。この場合、細い棒ヤスリで容易に鏡筒の穴の拡大ができます。




ビクセン102M/マイクロフォーカス接眼部アダプタ
ビクセンの102M鏡筒に笠井トレーディング製屈折用2インチマイクロフォーカス接眼部を接続するアダプタを製作・納品しました。(フォーカサはリング無し仕様です。)

20121027_1.jpg 20121027_2.jpg

以前製作したFL102/マイクロフォーカス接眼部アダプタ (こちらこちら) と同じものです。鏡筒の内径が112㎜のものに適合します。鏡筒への取り付けは、端から7mmの位置にM4ボルトが3本(120度等間隔)です。元のネジがそのまま使用できます。

通常、一品製作品の納期は出図から発送まで約2週間ですが、今回は各タイミングが良く5日目には発送できました。




第1回星の村スターライトフェステバル
来る10月6日(土)~8日(月)に開催される星の村SLFですが、今回はプライベート参加とすることにしました。記念すべき第1回に出展出来ないのはちょっと残念です。20cm双眼の設計追い込み中ではありますが、長年に渡ってお世話になっている方々が多いので、ご挨拶だけでもしておきたいです。

星の村SLFのパンフがアップされています。こちらからどうぞ。(7.5MBくらいありますのでネット環境によっては開くのが重いです。)

内容は同様ですが下記ウェブサイトもご参照下さい。
星のおおのさま
イベント情報 - 福島県田村市ホームページ

なお、当日は超極秘プロジェクトの打合せ用に15cm双眼を持っていきますが、お客様の機材なので展示はありません。何卒ご了承お願いいたします。(事前にご連絡いただければ調整いたします。)




胎内星まつり2012
今年はとても暑くてとても人の多い胎内星まつりでした。標高が低いので気温が高いのはいつも通りですが、風があまりなくて湿度も高かったです。ウルトラ暑がりの私は夜の12時を過ぎても汗が引かず、いるだけでへとへとになりました。

20120827_0.jpg

今年も友人がブースを手伝ってくれました。ありがたいことです。展示機材はK様からお借りしている15cm双眼望遠鏡です。

展示のみの観望なしでしたが、変わった形のせいか、注目度が高かったです。また、広角アイビースで著名なEXPLORE SCIENTIFIC社のScott Roberts社長から質問攻め(当然英語)に会い、久し振りの英会話でさらに汗をかきました(笑)。FRPの滑らかな外観と動きのスムーズさはとても素晴らしいと褒めていただきました。いいえ、これはバックヤードプロダクツの横尾さんという日本が世界に誇る職人による匠の技なんです、と焦って言おうとしましたが・・・無理でした(泣)。

20120827_1.jpg 20120827_2.jpg

また、ブース前にはこれまた知人が屈折双眼をセットして一般観望に奮闘して下さいました。近年は夜10時過ぎには店仕舞いが始まるのですが、今年はものすごく人が多く、夜半くらいまで開いているところが多かったです。観望の行列もいつまでも続いており、オペレータは大変くたびれたと思います。

20120827_3.jpg 20120827_4.jpg 20120827_5.jpg

左の画像の赤道儀に載った双眼は、後ろに見える常連ドブソニアンを作られたOさんの新作です。EMSも眼幅調整もオリジナルです。右はオフセット屈折双眼で有名なOMさんのものです。お二人とも以前からの知人ですが、意外にもご本人同士は初対面だったらしく、また双眼の輪が広がった気がしました。

次は10月の星の村SLFですが、15cm双眼の借用は今月一杯の予定なのでブース出展するかは流動的です。直前にあらためてお知らせいたします。




イベント情報を更新しました。
2012年の出展予定をイベント情報にまとめましたので、ご参照下さい。

昨年惜しまれながら最終回となったスターライトフェスティバルは、開催場所を田村市星の村天文台に移して開かれます。詳細はまだ未定のようですが、従来通り体育の日の3連休に行われます。

石川町SLFが終了してしまった経緯は色々と伝え聞いています。先日の原村も同様の課題を抱えている旨、現地で実行委員の方からお聞きしました。内容が内容だけにうまく文章に出来ず、レポートが書けていません。

今年のSLFは心機一転第1回目なので何かとスムーズに行かないことも多々起きるでしょう。せっかく継続が決まった天文台と星まつりです。大事に、大切にしていきたいと思います。




copyright © 2010 CONTACT all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。